Body

ホメオパシーの好転反応 5: 2016年3月

2016年3月

好転反応が始まった頃は、3~4か月で終わるだろうと思っていました。身体は大学の仕事がお休みになる冬休み、春休みに症状を出してくれているのだろうから、4月になる頃には落ち着くだろうと思っていました。

ですので、この時期は神様がくれたお休みと思って身体のデトックスに専念し、なるべく早目に終わらせたいと症状に該当する色々なレメディーをとっていました。

 

4月からの仕事も受けていたのですが、3月下旬に線維筋痛症の症状が起きたとき、さすがに無理だと思い、初めてのことでしたが仕事はキャンセルしました。

きっと色々な意味で中庸、今までのやり方を手放すことが求められていたのだと思います。

 

好転反応が始まって2か月目~3か月目のこの時期は、一時的な急性症状がとてもひどかったと思います。化学物質過敏症の本症状である猛烈な頭痛や吐き気はありませんでした。本症状を出す前に、身体の中の様々なものがデトックスがされていたように思います。

 

<この時期の主な症状>

  • ふくらはぎに湿疹
  • 入浴、洗顔後、顔が赤くなり痒くなる(急性アトピーか?蕁麻疹か?)
  • 腕のあたりがチクチクする
  • 上腕、胸の辺りに、身体の中をガラスの破片が流れるような猛烈な痛み(線維筋痛症)
  • 腕、肩に帯状疱疹
  • 鼻、唇、顎、口の周りにヘルペス

 

この頃から、湿疹の跡が水疱瘡の跡のようになる、カポジ水痘様発疹症の湿疹がでました(今もでます)。

この頃は神経節をウィルスが移動していたようです。

 

春分の日のあたりに、突然上腕、胸の辺りに、身体の中をガラスの破片が流れるような症状が出て驚きました。後に線維筋痛症(歌手のレディー・ガガさんが闘病を発表されましたね)の症状だったとわかりました。瞬間的な痛みではこれまでの好転反応の中でも一番でした。

 

寝ていてもどうしようもなく、一人で「痛い、痛い」と口に出して言っていました。

痛みは神経からのものだとわかっていたので、Hyper.(Hypericum, ハイペリカム)をとると良く効いてくれました。幸いこの症状は2~3日で落ち着きました。

 

腕や肩に帯状疱疹の症状がでました。通常の帯状疱疹は、身体の右側か左側の片方だけにでるようですが、好転反応の場合は違うようで両方にでました。チクチクにはApis(Apis, エイピス)、ヒリヒリにはArs.(Ars-alb, アーセニカム)をとっていました。

 

このチクチク、ヒリヒリの症状は11月に発熱するまで半年以上続きました。そのため、寝るときは上半身には布団を掛けられず、またヒリヒリがあり横向きでは寝られず、仰向けで寝ていました。

 

この頃とっていたレメディー

  • Hyper. (30C)
  • Herp-z. (200C)
  • Varic. (200C)
  • Mez. (30C)
  • Ant-c. (30C)
  • Apis. (30C)
  • Ars. (30C)

 

※ホメオパシーのレメディーによる反応、効果等は個人の感想です。

 

 

SOUL AWAKENING PROGRAM

SOUL AWAKENING PROGRAM 人生の目的を知り、魂を覚醒させる3か月 7STEP ライフコーチング(80分×7回)  多くの人が自分の人生を生きていない 「大多数の人は自分の人生を生き ...

続きを見る

ブロックシフティング

ブロックシフティングで 問題の原因をサクッと消去し、現実化を加速する あなたが今解決したい問題は何ですか? 人生に何も問題がない人はいません。 私たちは皆成長のために生まれてきています。 ですので、私 ...

続きを見る

ライフコーチング

現状のモヤモヤをスーッと解決する ライフコーチングセッション  ライフコーチングセッション 内容はご自身の直面されている問題、テーマ、気になっていることなど、ご自由にお話しいただけます。 セッションは ...

続きを見る

-Body
-, , , ,

Copyright© dolce healing , 2019 All Rights Reserved.